ホーム » 未分類 » 相続の疑問を解決

相続の疑問を解決

家借地権の相続に関して、事前に確認しておきたいことがあるという方もいるでしょう。たとえば、借地権の相続をした際に、土地の持ち主の承諾を得なければいけないのかが気になっている方もいるでしょう。借地権の売却時には必要ですが、借地権の相続の場合はどうなのでしょうか。この点についてですが、借地権を相続した場合には、土地の持ち主に承諾を得る必要はありません

借地権の相続は権利の譲渡にあてはまらず、土地の持ち主の承諾を得るのは不要なだけでなく、承諾料を支払う必要も、更新料などの支払いも行なわなくてかまいません。ただし、例外がないわけではないため、契約書をチェックしてみるとよいでしょう。

また、借地契約の内容は丸々受け継ぐ形になるため、新しく契約書を取り交わすなどの手続きを行なわなくても何の問題もありません。ただ、借地契約上での借地権者の名前は前の借地権者のままになっているため、土地の持ち主は誰が権利を受け継いだのか把握することができなくなってしまうため、建物相続登記はしておくとよいでしょう。

なお、借地権の譲渡・売却ではなく相続であるため、名義書き換え料などを負担する義務はありません。土地の持ち主がこのような名目での費用を求めてきても、それを拒んでもまったく問題はないです。