ホーム » admin の投稿

作成者別アーカイブ: admin

相続の疑問を解決

家借地権の相続に関して、事前に確認しておきたいことがあるという方もいるでしょう。たとえば、借地権の相続をした際に、土地の持ち主の承諾を得なければいけないのかが気になっている方もいるでしょう。借地権の売却時には必要ですが、借地権の相続の場合はどうなのでしょうか。この点についてですが、借地権を相続した場合には、土地の持ち主に承諾を得る必要はありません

借地権の相続は権利の譲渡にあてはまらず、土地の持ち主の承諾を得るのは不要なだけでなく、承諾料を支払う必要も、更新料などの支払いも行なわなくてかまいません。ただし、例外がないわけではないため、契約書をチェックしてみるとよいでしょう。

また、借地契約の内容は丸々受け継ぐ形になるため、新しく契約書を取り交わすなどの手続きを行なわなくても何の問題もありません。ただ、借地契約上での借地権者の名前は前の借地権者のままになっているため、土地の持ち主は誰が権利を受け継いだのか把握することができなくなってしまうため、建物相続登記はしておくとよいでしょう。

なお、借地権の譲渡・売却ではなく相続であるため、名義書き換え料などを負担する義務はありません。土地の持ち主がこのような名目での費用を求めてきても、それを拒んでもまったく問題はないです。

業者に依頼する魅力

屋根当然といえば当然ですが、優良な借地権・底地取扱店との取引には、多くのメリットがあります。まず一番気になるのは買い取ってくれるのかということです。業者によっては更地にしなければ売却に応じられないなど、ハードルが高いところもありますが、老朽化が著しい建物であっても、借家人がいる状態であっても売却に応じてくれるところがあります。これにより買い手が見つからないという問題は解決することになるのです。そのほか、買い取りで手数料が発生することなく、すぐに現金を手にできる借地権・底地取扱店もありますし、ほかより高く査定額を提示してくれるところもあります。

また、借地権というのは土地の持ち主の承諾を得ずにほかの人に売り渡すことはできません。借地権を売ることを望んでいても、快諾してくれる土地の持ち主はなかなかいないというのが現実問題としてあります。そのような中で、借地権・底地取扱店によっては、借地権者の代理で、土地の持ち主と交渉を行なってくれます。話がうまくまとまるよう、土地の持ち主にとってどういううまみがあるのかなどを話し、承諾を得るところまで持って行ってくれます。自分で交渉したところ、モメてしまって不快な思いをする心配がありません。

借地権売却の流れ

積極的に借地権の買い取りを行なっている優良な借地権・底地取扱店への売却は、無料相談に応じてくれるところがあります。この状態で買い取りに応じてくれるのか、売るとなればどの程度の金額での買い取りになりそうなのか、買い取りに出すにあたって何をしなければいけないのかといった、気になることであれば何でも相談することが可能です。電話やメールでの相談も可能であるため、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

家の調査次に買い取りに出すことを希望した場合には、借地権の付いた建物の所在地に担当者がきて、現地調査と査定が行なわれることになります。この場合の調査費用なども無料としている借地権・底地取扱店もあります。また、現地調査での借地権者の立ちあいは不要としているところもあるのは、忙しい方や遠方にいる方にとってはありがたい話ではないでしょうか。

査定を受けた結果、その金額に不満がなければ借地権者と借地権・底地取扱店のあいだで売買契約を交わします。その後、土地の持ち主との交渉が行なわれて、売買成立という流れになります。売却を希望する借地権者がすることは少なく、売るまでの時間や手間、費用も最小限で済み、自分が土地の持ち主と話し合いをする必要もなく、心身の負担が軽いです。

借地権の相続

相続した借地権は買い取りに出すことが可能です。現に、多数の方が借地権を受け継いだタイミングで借地権を買い取りに出すことを実行に移しています。しかし、その際には土地の持ち主の承諾を得なければならず、どの業者でも売却に応じてくれるわけではありません。ただ、借地権・底地買取店によっては、どういう状態の借地権であっても売却に応じようという姿勢のところもあります。相続した借地権を買い取りに出すことを検討するタイミングを迎えた際には、このような業者と一度、話をしてみることをおすすめします。

スーツの男性なお、借地権を売るにあたっては、先述した土地の持ち主の承諾を得るということにはとくに注意しなければいけません。これをせずに勝手に売ってしまう行為は契約違反です。そしてそのペナルティは決して軽いものではなく、土地の持ち主による借地権の明け渡し請求が行なわれることになってしまいます。また、土地の持ち主が借地権を売ることをOKしてくれないケースもあります。この場合裁判で売却の許しを得る選択肢もありますが、買い手がいない状態で裁判を起こすことはできません

土地の持ち主の許可を取ることができず、裁判を起こすにしても買い手がいない、買い取ってくれる業者がなかなか出てこないといったさまざまな問題により、売却を諦めてしまう方もいます。しかし、借地権・底地取扱店によっては土地の持ち主との交渉や裁判のサポート、さらには借地権の直接買い取りに応じてくれるところもあり、相談してみる価値は十分にあるといえるでしょう。